熊本商業高校ホームページをご覧いただきありがとうございます。
  本校は今年度創立121年目を迎えた歴史と伝統のある学校です。「礼節・剛健」の校訓の下、本校に学んだ約4万人の卒業生の皆様は、経済界、産業界等さまざま分野で地域や企業を支える有為な人材として活躍しておられます。
 本校の教育活動の特徴を紹介しますと、朝課外に続いて、本校独自の日課としてSHR前の10分間の「黙学」の時間を設定しています。単行本を広げたり、英単語を覚えたりする生徒の姿が見られます。この黙学の時間には、活字に触れて商業高校生として必要な実社会に関する興味や関心を高めるために、新聞のコラム欄を要約する日程が組まれます。
  進路指導では、永年就職内定率100%を達成しており、進学面では卒業生の約6割が国公立大学をはじめ四年制大学や短期大学、専門学校等、生徒が希望する上級学校へ進学しています。
  部活動で力を付けたり、検定試験で合格したりすることについての意欲も高いものがあり、体育系、文化系、商業系の各部活動に所属する生徒は、日頃の練習の成果を発揮して全国大会や九州大会等県内外で活躍し上位入賞を果たしています。簿記や情報処理、英語等の検定試験においても全国有数の好成績を残しています。
  生徒は登下校時に校門一礼を行い、掃除の時間には率先してホウキや雑巾を手にして行動しており、一人一人が自覚した行動をしています。また、生徒会や部活動生を中心に自主的に朝の校歌斉唱を行い、校内では生徒の元気の良い挨拶が響き渡る活気溢れる学校です。
  さて、今年度も「全国13番目の歴史を誇る商業高校 日本一の商業高校へ 〜志高く、恕と信頼の人づくり〜」という教育スローガンを掲げました。目標とする志を高く、他を思いやる恕、人と人をつなぐ信頼という3つの心を本校の教育活動の中心において、日々の教育活動を進めていきたいと考えています。
  また、今年度は熊本県教育委員会策定の「くまもとの教職員像〜「認め、ほめ、 励まし、伸ばす」くまもとの教職員〜」を具現化するために、本校の教育目標に「生徒を『伸ばす』教職員」、「生徒を『伸ばす』教育活動の実践」を立てて取り組むこととしました。熊商に学ぶ生徒一人一人が、真剣な眼差しで勉強に励み、玉の汗をかいて運動し、笑顔でクラスメートと接することで、生徒が成長し、学校全体がさらに前進していくと考えています。生徒の輝く眼、輝く汗、輝く笑顔が学校内外のいたる所で見られることを願っているところです。
  今年度も全職員で生徒の指導に当たりますので、本校の教育活動への御理解と御支援をよろしくお願いいたします。

  平成28年4月

                      熊本県立熊本商業高等学校長  郷 慶次
                         

<<戻る